プランニング

当社の完成見学会では、多くのお客様から「間取りが良い」「住みやすそう」という、お褒めの言葉を頂戴します。
住んだ後の“快適さ”を実現するためには、もちろん構造や断熱性・気密性も大切ですが、「間取り」の良し悪しによっても、それは大きく変わってきます。

当社では、専門の設計士が一邸一邸心を込めてプランニングを行い、お客様がご満足頂ける家づくりを行っています。
ここでは、当社の設計士によるプランニングへの想いをご紹介します。

日常が“幸せ”と感じる住まいづくり

設計部 一級建築士  川村 修(かわむら おさむ)

プロフィール

設計部 一級建築士 川村 修(かわむら おさむ)

  • 家族:妻、長男、次男
  • 好きなスポーツ:バスケットボール
  • 得意料理:だし巻き卵

限りなくお客様の気持ちに寄り添いたい

ほとんどのお客様にとって、家づくりは一生に一度の大切なものです。その価値を重く受け止め、家づくりをしていくのが私たちの使命だと感じています。

そのため、お客様の間取りを設計する上では、実際に住まわれる方の“住みやすさ”を第一に考え、その住まいでの日常が“幸せ”と感じて頂けるプラン作りを追求しています。

どんなに流行のプランスタイルでも、どんなに奇抜で変わった間取りでも、永きに亘って住み継いで頂くお施主様のご家族にとって、住みやすくなければ意味がありません。

そのためには、まずはお客様のご家族構成やライフスタイルをしっかりと伺い、将来に亘る生活のイメージを膨らませ、限りなくお客様の気持ちに寄り添うことが大切だと考えています。

プランニングの進め方

プランニングの進め方

当社でのプランニングは、まず営業スタッフがお客様のご要望をしっかりと伺うことから始まります。必要な部屋数はもちろんですが、それぞれの居室の広さ、室内に置く家具の大きさや物の量に併せた収納スペースの広さ、廊下や水廻りの動線や繋がりなど、お伺いする項目は多岐にわたります。

それを元に、社内の設計スタッフと共に議論を重ねながら、少しずつプランを練り上げていきます。
プランニングには、自由にレイアウト出来る部分と、各種の法規制や構造上の問題から、どうしても一定の制限が掛かる部分がありますが、そうした制限がある中でも、しっかりとお施主様のご希望に合った理想の住まいを考えるのが、当社の設計部門の腕の見せ所となります。

お客様の“わがまま”聞かせて下さい

お客様の“わがまま”聞かせて下さい

お客様の中には謙虚な方も多くいらっしゃって、遠慮をされてご自分の希望を言えないまま・・・あとになってから、「え?こんなこともできたんですか?」と聞かれたこともあります。

はっきりと申し上げますと・・・「言わなきゃ損!」です(笑)

私たちリベストの社員は全員が、出来る限りお客様の想いを叶えたいと考えています。
もちろんご予算との兼ね合いもありますが、その中でも知恵を出し合い、実現する方法を考えることこそが、当社の強みだと考えています。

まずは勇気を出して、お客様の“わがまま”をお気軽にお聞かせ下さい。

「一級建築士」という響きに憧れて

「一級建築士」という響きに憧れて

設計士という職業に興味を持ったのは、中学生の時でした。
もともとモノづくりが好きな性格だったこともあるのですが、同級生の父親が一級建築士をしていると聞き、「一級建築士」という響きがとても格好良く感じて憧れを抱きました。
当時、私の家も家業として建築関係に携わっていたこともあり、そのまま設計士の道を選びました。
今は「一級建築士」として、お客様のご要望を取り入れつつも、生きる“幸せ”が実感できるようなプラン設計を心がけています。